2006年09月30日

6連敗

平山のデビュー戦・VS新潟から帰還。

先制するも1−4負けでもう6連敗。

ふむむ。

マジで尻に火がついたね!

でも平山は想像以上に良かったと思った。

今後も出して欲しい。

以上! 今日は早く寝ます。。。
posted by okataco at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

KNG


きんぐ.jpgドタバタしてて書くタイミングを失っていたのでちょっとだけ講談社の新雑誌『KING』について。

本が重すぎるとかコピーがマッチョすぎるとかいうことは置いておいて僕が思ったのは、インタビューというものの取り扱いについて。

この雑誌でも、講談社が力を入れている新雑誌だけあって巻頭部分で、著名人のインタビューがわんさか載っている。
1Pとかでずらずら載っているのだが、これが魅力ない。

前から思ってたけど、雑誌の力がなくなってきたのは、このインタビューに頼りすぎているからだと思うんす。

インタビューって、読まないでしょ? みなさん。

これがね、専門誌とかならいいんです。ある程度、その世界観のことについて読者が共通の知識があるならいい。そこに、その世界で認知されている人が、秘話を話すとかならいいんですが、総合誌という、ジャンル認知に関するレベルがバラバラで、しかもとても少ない文字数だと、その人の説明したらオシマイだよね。こんなんで、どんな面白い記事が作れるのか、はなはだ疑問だし、実際面白くない。

こういうインタビューって編集者の怠惰なんですよね。そのほとんどが。

インタビューして、ちょっと有名な人が載っていると、なんか格好つくでしょ。
編集もなんか仕事をした気になる。
でも、インタビューって、その人に何を聞くとか、どういうスタンスでいくとか、アポ入ってから、本当はやることいっぱいあんだけど、だいたいインタビューが決まった段階でみんな思考停止している感じがするし、事実していると思う。

ただ、インタビュー自体は、本当は面白くできるんですよ。そのための観点は、まず書き手がちゃんとした意見表明なり、スタンスを明確にすることなんですよねぇ。

永沢光雄さんの名著『AV女優』の文庫版のあとがきだったかに、永江朗さんが「主役は聞き手である」なんて旨のことを書いておられたことを思い出した。

やっぱ、書き手が出てこないと、つまらないなぁと。

あと、やっぱし、こういう著名人をずらずら出せばみんな喜ぶんじゃね?
という手法が、田舎モンって感じがするなぁ。

人に、なんか面白いことを聞く。そこには、純然たる疑問とか好奇心が必要であって、そういう意識が希薄なのに名前だけで決めている。

ダメだよねー。面白いインタビューってどういうもんか、林雄司さんが書いた
〜ふつうの人インタビュー〜対人スキルが高すぎる人」でも読んで勉強してもらいたいもんだ。
これ、オモチロイよ。
posted by okataco at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

いせや取り壊し


有楽町.jpgこないだ、久しぶりに昼ごろ銀座に行く用事があったので「昼はヤキソバ食べよ」と思って出かけたんスよ。

JRの有楽町の駅と、マリオンの間に、立ち食いでヤキソバ出すとこがあって、僕、そこが好きだったんスよね。

んで、そう思って地下道から上がってきたら、なくなってた。

あらー。

「平成19年秋 有楽町の駅前が生まれ変わります」とか書いてあった。あーあ、生まれ変わらなくてもいいのぃ。
ここには「かもめ」というアレンジボールの店もあって、ここで1000円で1時間くらいチマチマ遊んで負けるのが好きだったのにぃ。

そう思ってて、今日ネット見てたら
吉祥寺の「いせや」が取り壊されるというニュースが。

理由は老築化だとか。そんなことは100年前からわかってることでしょがー! あー、勿体ないねぇ。

posted by okataco at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

5連敗

最近、サッカー観戦日記を書くのをサボりがちなのは、負け続けているからです。はい。というわけで、2戦分、まとめて。
9月16日は、京都の西京極でサンガ戦。実家に帰って、東京を応援するという「裏切りダービー」だったわけです。

これが思った以上に楽しくってですね、実家に帰るたびにサッカー見たいので、京都にはぜひJ1に残留して欲しいなぁと上からものを見た感じで思ってたら、なんと0−1で負け。
サンガは今期、初の完封だとか。つーことは、どのチームも点を入れられたのに、東京だけ入れられなかったということで。 ここで4連敗。

んで、昨日は、アントラーズ戦。
仕事の途中で明大前のリブリまで出かけて観戦。しかし、あれよあれよと3点取られて、最後2点とったけど、結局3−2で負け。これで5連敗。ふー。

なんか、今年は気がつけば3−0という試合ばかりなのは、気のせいでしょうか。まだ、0−1くらいなら、後半まで気力が残るんですけど、3−0となると脱力感が激しいので、なんとかしてください。お願いします。

今度の新潟戦。これ、負けたらキツイなぁ。個人的には、ワシントンと平山に出て欲しい。あと、浅利はシンドイように見えた。後、藤山はやっぱサイドバックのほうがいいような。藤山のセンターバックはシンドイよ。。茂庭、戻ってこい!

※写真は京都で撮った負けてゴメンの図です。
東京ごめんなさい.jpg
posted by okataco at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

秦家


秦家.jpgいろいろ重なって久しぶりに窒息しそうになったけど、ようやく水面が見えてきたよ!

つーことで、しばらく書かなかった日記を更新。

えー、こないだの週末は京都に行ってたわけですが、そこで行った「秦家」というところが素晴らしかったので、ご紹介。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/hata_ke/

これは、なんつーか、昨今ブームのいわゆる町家の走りというか、何も企業の手が加わっていない町家ですかね。京都の素朴でありながら、美味しい料理がいただけるんですが、作っているのは、おばあちゃん一人。料理を出してくれるのが、おかみさん一人。全従業員が二人だけなんすね。
要するに、古い家にお招きに預かったという感じなんですが、それがとても心地よいです。

また、ここのお店の方が、どうすればこんなに上品に年が取れるのかという、見本みたいな人でしてね。

とっても自然体で楽しいお話をしてくださるので、ぜひ京都に行く機会がある人は行ってみてはどうでしょー。

つーわけでした。ふひー。

posted by okataco at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ飲み屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

ブロガー割引


時をかける〜.jpgえー。またデジアリさんのほうで、コラムがアップされたので、お暇な方は見てください。

映画業界で浸透し始めている「ブロガー割引」なる宣伝方法とは?

このブロガー割引って制度、いちばん、いろんな人にとってメリットが多く、ごくごく自然にたくさんの人が受け入れられるもんだと思うですねー。
ぜひ、処々で導入して欲しいもんだと思うだす。
あと、やっぱ「時かけ」はいいと思うので、みんな見るといいんですよー。やっぱねー




posted by okataco at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

ようこそ平山!


komazawa.jpg週末はサッカーに行っただよ。

駒沢公園にFC東京が来るっていうんでね。
こりゃ近いやと思ってテクテク行ってきましたー。

そすっと、なんかクイズ大会とかもやっててずいぶんサービスいいし、おまけに勝ったんだよねー。
最近、負け続けだったけど、阿部よしろー&ノブオ&ワシントンのゴールで3−0。前半で退場が出て10人だったけど、全然楽勝だった! 

……。ま、これはサテライトリーグのお話なんですけどね。ね。

ま、練習試合みたいなもんかね。本当の試合は土曜日にあってこちらは甲府に1−3負けで3連敗。ふー。

こんな沈滞ムードのFC東京だけど、
昨日、ななななんと、あの平山相太がやってくることが、確実に! みんなのブログを見ていると、オロオロしてます。
どーしよー、本当に来たよーって。
僕は嬉しいよ!ボーっとしているけど、頑張って欲しい!

ちなみに、来週は、帰省を絡ませて京都の西京極でサンガVSFC東京戦を見てきます。いわゆる「裏切りダービー」というやつですが久々に行く西京極は楽しみー。ここは、小学校か中学校の体育祭で行くとこなんだな。駅伝の出発点で、京都の国立みたいなとこなんだな。
そんだな。
※ちなみにアウェイに初めて一人で行くんですが、誰か一人で西京極に行く人、いませんよね。こんなとこで呼びかけても。。。でも、大丈夫。僕ちん、サッカーは一人でも見られるようになったもん!

posted by okataco at 10:55| Comment(1) | TrackBack(0) | FC東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

子猫殺しは藤原メソッドで

というわけで、「子猫殺し」に触れておこうかと。

「子種を殺すか、できた子を殺すかの差だ」と子猫を殺しているという内容のコラムを坂東眞砂子さんが発表したこの騒動。今日の文春で東野圭吾さんが、手記を発表するなど、議論がいろんな形でされてますね。

僕的には、これに対する解法は、藤原メソッドにあると思ってます。
『国家の品格』の藤原正彦さんの考え方ですね。

それはこんなのね(と過去に書いた日記を引用。『国家の品格』にあるひとつの考え方の概略です)。

根源的に重要なことは、論理で説明できないものであり会津藩の「弱いものいじめをしてはならない」といった掟においても 「ならぬことはならぬものです」と結ばれているという。

野に咲くスミレが美しいといったことが論理的に説明できないことと同じく、卑怯がいけないといったことも論理で説明できない。

だから、重要なことは押し付けるしかないと。
論理に頼りすぎちゃいけないと。


要するに子猫を殺しちゃいけないってことは、人間の本能レベルの問題だと思うんスよね。ダメなものはダメだと。思うんすよね。
posted by okataco at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

素晴らしい茶番劇


渋谷.jpg久しぶりに、見つけたいい掘り出しモン!

渋谷で5時

ぷっ(笑) 笑えるわーこれ。

合間合間の寸劇が、茶番のきわみだね。

「私と歌を?」って言っちゃったりして、菊池桃子は
大根だねー。素晴らしい!

それにしても5時に待ち合わせることを
歌にするなんて、やっぱバブル期の歌はムキー!
って思ったら、これって96年の歌なのね。
ちょっと意外。

この歌って、グダグダに酔っ払ったとき
たまに「歌おう!」とか言ったり言われたりして
歌うけど、合間合間のフレーズを初めて聞いた気がするー。

こんな歌だったんだ。ま「今日はしぶやでごっじ!」だけ
知ってれば歌える歌だけどねー。

それにしても、最後の桃子さんの充実感を表わす
茶番は何がしたいんでしょね。プププ。

posted by okataco at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。