2007年04月21日

今度、講演させてもらいます

ま、表題通りなんですが、来月、5月の16日に静岡で講演させていただくことになったんですよ。

SOHOしずおかブレークスルーセミナーってやつで、詳細はこんな感じです

お話をもらったとき「ああ、僕でよければ喜んで」なんて気軽に承諾したんですが、けっこう人もたくさん入るところみたいで、ちと緊張(笑)。

ま、パソコン見ながら話せるから、なんとかなるか。
ブログを中心に、ネットはこんな楽しいことにも使われてますよって感じの紹介をメインにするつもりなんで、誰でも楽しめるかなぁとは思ってます。無料ですし、もし静岡近辺の方がいらっしゃれば、お越しくださいませ。


posted by okataco at 02:21 | TrackBack(1) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

ソウルフード連載


やきそば弁当.JPGそういやこないだから、連載を始めてたんでした。
『ゲームラボ』という、ゲーム機を改造したりする、ちとマニアックな雑誌があるんですが、そこで「ソウルフード」についての連載を先々月からやってます。

ま、地方にある変わった食べ物を紹介するコラムなんですが、せっかくなんで掲載号が店頭からなくなったらここに貼っていこうと思うので、暇な人は読んでみてください。あ、あと東京で地方限定食が食べられるよーなんて情報があったら、こっそり教えてくださいませ。ではではー。


今、ソウルフードが熱い!
どこで熱いかというと、僕の中で熱い。
なんで熱いのかというと、ネットを覗いていると「ソウルフード」に関する書き込みがとても多いからだ。そんなのを見ていて食べたくなってきたのだ。
ただ、書き込みが多いということは、僕だけでなく全体的に熱いのだろう。
例えば、去年は新潟のイタリアンというソウルフードに関する書き込みが多かった。
イタリアン知ってますか?
これは、やきそばのような麺の上にミートソースのようなものがかかっている、なんとも不思議な食べ物。でも、新潟では普通のショッピングセンターなんかで売られていて、老いも若きも日常的に食べるのだという。
 ただ、東京には、このイタリアンを出す店がない。
 ないけど、たまーに東京の物産展なんかに出店したりする。
 去年は10月、新宿の高島屋に「みかづき」というイタリアンを出す店が来ていた。そうすると、イタリアンを愛して止まない新潟出身者がこぞってやってきて食べるという。
 僕もそこに混じって初めて食べたけど、美味しかった。あと、一杯310円とかで安かった。こんなのそのへんで売ってたらたしかに買うなぁ。そう思わせてくれるシロモノなんである。
 んで、「デイリーポータルZ」というサイトにもこのイタリアンの記事が出ていて、それによると新潟のみかづきは、盆と正月にとても混雑するという。なんでかというと、地方から帰省した人が食べるからだそうだ。
 そして、みかづきの店長はこう力強く言う。
「ソウルフードですから」
 かっちょいー! 
 痺れました。
 こういうのがソウルフードであります。
 この新潟のイタリアンのように、ある地方ではもりもり食べられているのに、その他の地域ではその存在もあまり知られていないような食べ物。そして、東京なんかではあまり食べられないけど、帰省したときには、必ず食べたくなるような食べ物。郷土料理よりも、日常的でちょっとジャンクでフランクで、親しみやすいヤツ。
 そんなのがソウルフードなんです。
 そんなのを探して、食べて、あれこれ言う。
 ま、そんな感じの連載だと思ってください。
 さて、第一回目の今回は、「やきそば弁当」を食べたいと思う。
やきそば弁当(やきそばべんとう)とは、東洋水産が北海道のみで販売するカップやきそばである。通称「焼き弁」。1975年に販売開始。
ネット上の便利な百科事典『ウィキペディア』に、このように書かれている。
北海道は従来から東洋水産のインスタント製品シェアが高い地域だけに、カップ焼きそば製品シェアの50%近くを「やきそば弁当」が占めている。
 そんでこう説明が加えられていた。
「おー。やきそば弁当! なつかしー! カップやきそばといえば『やきそば弁当』っすよ! 本当っすよ!」
 北海道出身の知人に「やきそば弁当知ってますけ?」と聞いたら、唾を飛ばしながら興奮気味に答えてくれた。この興奮ぶりから推測して、ソウルフードであることは間違いないだろう。ちなみに「なんで『弁当』? 白米でもついてるんすか?」と聞くと「スープが付いてるんですよ。スープ」というお返事だった。
 スープをつけただけで弁当と名付けてしまうのは、図々しいんではないかと思ったが、まあいいだろう。さっそく食べてみることにした。下高井戸のローソンで買ってきた。北海道でしか買えないはずなのだが、その疑問は食べてから解決することとしよう。
 やきそば弁当の塩味にしてみた。パッケージを開くと、ソース、かやく、ふりかけといっしょにスープが入ってた。「マグカップ等にコンソメスープを入れ、麺のもどし湯を約150ml注ぎお召し上がりください」。こう書いてあった。その通りにして、やきそばとスープを作って食った。
「まー、あれだな。普通に美味しいカップやきそばだね。ちょっと僕には味が濃いかと思ったけど。あ、じゃがいもが入ってて、これがいいアクセントになってたね。北海道らしいしね。あと、スープがあるのは、意外と贅沢な気分になれますね。美味しかったです」
 こんな感想でした。なんで東京のコンビニで買えたのか、東洋水産のお客様相談係に電話して聞いてみた。
「東京のコンビニで売られているみたいですねー。ただ、こっちが直接卸しているわけでなく、コンビニのバイヤーさんとかが仕入れて売ってくださっているみたいです。だから、どこに行けば必ず買えるとか、いつまで売っているとかは私どもにはわからないんですよー。北海道ではたくさん売ってますけど」
 とのことだった。僕が東京のコンビニで買えたのは、単なる偶然なのかもしれない。というわけで、今なら都内でも探せば買えるかもしれませんが、買えないかもしれません。
 でも北海道では、絶対買えるので、旅行したときの夜食にどうぞ。話のネタにはなりますよ。
「やきそば弁当」ソウルフー度★★★(★5つが満点)


posted by okataco at 13:05 | TrackBack(0) | 昔の原稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

素晴らしきNO!選挙カー

久しぶりにオイラの心を射止めた政策だ。

「NO!選挙カー推進ネットワーク」設立

首都圏の新人候補10人らによって「NO!選挙カー推進ネットワーク」が設立された。推進ネットは、車にスピーカーを設置しない、車中から音声を発しない、選挙カーに支払われる公費負担を請求しない――の3項目に賛同する候補者らで発足。東京都調布市議選に立候補した民主新人候補(37)は「騒音、排ガスを出し、税金まで使って走る選挙カーを使わない選挙戦をします」と出陣式で宣言。選挙カーの絵に斜線を施した推進ネットのロゴマーク入りののぼり旗を掲げた。


素晴らしい! 
あんなスピーカーで、わめいているヤツに入れたいとまったく思わない。というか、寝ているときに選挙カーの騒音で起こされたら、そいつの名前を覚えておいて、絶対そやつだけには入れまいと思うくらいだ。頼むから、子育て支援を訴えながら、すやすや寝ているうちのチビを起こさないでくださいm(_ _)m
選挙カー廃絶、大賛成!


posted by okataco at 21:44 | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

ビールってさー


ビール.jpg太田垣晴子の『キリンビール大学 超人気講座 ビールでいただきます!』なんて本がレジ横に積んであってので、衝動買いしたが、つまらなかった。

つまらなかったというか、彼女が描く「蕎麦」とか「中華」といったネタは別の本で読んだことがあった。そのネタに、無理やり「やっぱりビールがあう」とオチつけてるだけだった。
ま、それは広告だからいいんだけど、最近、常々思っているのが、何にでもビールがあうというのは、大きな間違いなんではということだ。

よく枝豆がビールに合う代表格とされるけど、これも疑わしくなってきた。
枝豆って旨いけど、そんなにビールに合うかな。ビールでもいいけど、ビールじゃなくてもいいんじゃない。ビールのお陰でより枝豆が旨くなるってことは、別にないもんなー。

刺身なんかは、日本酒のおかげ旨くなる。チーズもワインのおかげで旨くなる。

でもビールがそんな力を発揮することってないような。餃子は旨くなる気もするけど、餃子はもともと美味しいからなぁ。ビールが餃子を旨くしてくれているわけではない気がしてきた。

酒と料理という構図で考えたとき、ビールというのは、主従の「主」でつまみは「従」な気がする。つまり枝豆も合うといっても、それはビール様を美味しく飲むためのものなんだな。要するにビールにつまみなんか別になくてもオッケーなのかもしれない。でも、日本酒は、絶対「従」だ。つまみを美味しく食べるためのお酒だな。あれは。

そういや外国のパブってだいたいそうだけど、ビール飲んでるときって、ビールだけ飲んでる。別にツマミはないもんな。ドイツ人とかアイルランド人とか、サッカーパブとかではひたすらビールだけだもんな。ことさらビールにツマミを所望するのは、日本人だけの感覚なのかもしれんですね。

あと、最近、夜に酒を飲むときビールを外すと体調がよくなる気がしてきた。

今までは、当然のように生を2杯くらい飲んでからいろいろ飲んでたけど、この初めの2杯をスルーする作戦なのだ。一杯目から焼酎とかお酒にする。そすっとけっこう酔いがほどよく回るし、あまり残らない気がしてきた。

あと、これはわりと確信してきたけど、最後の最後にビールを飲んでいると、次の日、確実にダメ。確実に残る。そう。ビールって意外とタチが悪かったりもすんだよなー。

ま、それで何が言いたかったというと、いつでもどこでもビールビールという感覚が強いけど、これをなくすことで、新しいお酒ライフが送れるような気がしてきたというお話でした。でも、外で飲むのと、昼から飲むビールはやっぱりいいね。だからサッカー場で飲むビールはサイコーだね。んで、九段会館のビアガーデンは、今年は5月9日にオープンするみたいだな。みんな行きましょうね。ゲプー。

posted by okataco at 02:21 | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

のらくろ見てきた


IMG_2943.JPG最近、FC東京のお話を書いてなかったけど、ちゃんと見てます。見てますよ。

先週の土曜日は味スタにのらくろが来るというので、デジカメ持って出かけてみた。FC東京はマスコットがいないチームとして有名なんですが、チビが生まれた今となっては、ぜひ欲しいと思うようになった。「●●に会いに行こう!」って誘いやすいもんなぁ。のらくろはまあカワイイけど、岡林に続く団塊の世代を意識しすぎのようなw

次は、下北沢生まれのピカチューを呼ぶといいと思うよー。試合は負けました。試合前に新潟サポのお友達が「ホームで負け続けているようなチームに白星を進呈するのが新潟ですから」と言われて「ホント!」と思って喜んでたら、3点もとられて負けちゃった。

うぞづぎー!(笑) これでホームは4戦全敗ですか。ま、でも、天気がよくてビールが旨かったからね。次、がんばってね!


posted by okataco at 08:11| Comment(2) | TrackBack(0) | FC東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。