2007年07月27日

電子書籍

連載というには、おこがましいほど長い間、お休みさせてもらってた「デジタルARENA」さんの連載原稿ですが、今月から装いも新たにレッツスタート!

今度からは、インタビューからめてやっていこうと思いまして、今回は、電子書籍の専門版元「マイカ出版」の井上真花さんに、「電子出版の仕組みってどうなってるんですか?」って聞いてきました。

つーわけで、お暇な方は「電子書籍」の利益は何%?――ローリスクが生み出す可能性の宝庫」なる原稿を読んでみてくだちゃい。長いけどよー。


posted by okataco at 23:42 | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

11号車


ビールと友哉.JPGチビを連れてちょこっと京都に帰省してきたんですが、赤ちゃん連れの方に、ちょっとした帰省術を。

ま、「術」ってほどじゃないですが、僕は、東京から京都に新幹線で帰るとき、のぞみの11号車をいつも予約してるんです。というのは、11号車には「多目的室」ってのが付いてて、ここで授乳とか、オムツ替えができるんですよ。

ま、別に11号車に乗ってなくても、空いてりゃ使えるんですが、遠いと行くのが大変なんで11号車を予約。それと、当たり前ですが、空いてないと使えない。んで、これがけっこう空いてないことも多いんですけどね……。

ただ、今回は空いてたんで、チビがグズッてたこともあって、初めて使ってみた。車掌さんに言って部屋を空けてもらって入ったところは、ちょうど座席が2人分の空間。ま、要するに単なる個室なんですが、これがちょっと楽しいです。

ここで授乳してオムツ替えて、寝ておくれ……と思ったら寝ない。周りが気になって気になって。んで、しょうがないから、デッキに出て30分くらいあやしてたらやっと寝た。このとき、同じように赤ちゃんを抱えている人が2人いて、なんとなくお互い「大変ですねぇ」というほのぼのムードが漂って和みました(笑)。

新幹線って、想像以上に静かだから、ちょっとでも「アーン!」とか「ウーン!」とかぐずり出したら、目立って、目立ってしょうがないんだよなぁ。夏休みくらい「子供専用車両」とかできるといいのにね。

ま、でも新幹線とか電車に乗るのは好きみたいだから、ちょこちょこ帰ろうと思っております。

※写真、ビールを欲しがる……というか、冷たいグラスを触って喜んでるチビです。最近、食卓とかのものをなんでも触ろうとするので、面白いですよヾ(o^ω^o)ノ゙

posted by okataco at 07:33 | TrackBack(0) | チビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

黒はんぺん


静岡おでん.JPG毎月恒例のソウルフード原稿、貼り付けコーナー。今月は、静岡の黒はんぺんであります。これは、静岡の講演にお呼ばれしたとき、SOHOしずおかの方がご馳走してくださったのでした! その節はありがとうございました〜。


みなさんは「はんぺん」の特徴を挙げろと言われたら何て答えますか?
「えーと、まず白い。あとは、ふわふわです」
 こんな感じでしょうね。@白Aふわふわ。はい、正解! んなの当たり前だと思うでしょうが、ある地域でこの質問をすると、まったく逆の答えが返ってくるんですねー。
「んとね、まず黒い。そして、歯ごたえしっかりです」
 その地域では、@黒A歯ごたえしっかり。これが正解となっているんである。んなバカな! それはどの地域だ? と憤懣した方にお答えすると、これは静岡なんですね。
 静岡では、はんぺんと言えば、黒いはんぺん。通称「黒はんぺん」のことを指すのである。というか、はんぺんといえば、黒くて当たり前なので、わざわざあっちの人は「黒はんぺん」と呼ばないらしい。黒がスタンダードなので、敢えて「白」と区別する必要があるときだけ「黒はんぺん」と呼ぶのだそうだ。
「東京に住んでいたときは、『黒はんぺん』と聞くたびに静岡を思い出しましたね。やっぱり静岡でしか目にしないので……」
 これは、静岡出身者に聞いた話だが、「黒はんぺん」と聞くだけで故郷を思い出すとは、なかなかのソウルフードぶりではないだろうか。
 いったいどんな味なのかとても気になるので、さっそく食べに行くことにした。
 今回は、この連載始まって以来、初となる遠征である。静岡まで行って食べてきた。ま、仕事で行ったときに先方様がご馳走してくださるとのことなので、喜んで行ってきたというわけなのだが、ま、そのあたりの事情は置いておこう。
 静岡駅近くの居酒屋でいただいた。
 おでんの中に入ってきた。ちなみに静岡のおでんは、汁も黒い。これはなんでも牛筋を入れて煮込むからだとか、出汁にしょう油を継ぎ足し継ぎ足し使うからとか、いろんな理由があるようだ。
「あ、だからはんぺんも黒くなっちゃったんですか」
「いえ違います。はんぺんが黒いのは、もともとですよ。黒いのは鰯のすり身が練りこまれているからです」
 なるほど。普通の白いはんぺんは、鱈など白身の魚を使うから白いわけだが、こちらは鰯なんかを使うから黒くなるというわけだ。じゃあ、黒さのカラクリもわかったところでさっそく食べてみよう。ガブリ。
「あー。これは……なんか食べたことがある味ですね。えーと、何だっけかな」
「鰯のつみれ……じゃないですか?」
「あ、それ!」
 そう。黒はんぺんは、鰯のつみれにそっくりの味なんである。ま、鰯が入っているから想定内の味だけれども、ほんとそっくりだ。あと、噂通り固い。白いはんぺんの持つ“ふんわり”さは皆無である。これは大人向けの味だなぁと思ったら、案の定「子供の頃は黒はんぺんがキライで、白はんぺんばかり食べていました」と言う人もいた。ふむ。わかる気がする。
 はてさて。では、どうして静岡のはんぺんだけが、鰯を入れて黒くなったのか――。そのあたりの事情を、静岡の市役所に電話して聞いてみた。
「はんぺんが黒いのは、鰯などが入っているからです」
 あ、それは聞きました。でも、鰯が取れるところって他にもあるじゃないですか。なんで、静岡だけ?
「静岡というところは、水産加工が盛んな街です。そういった現場では、どうしても魚の屑とか、従来なら捨ててしまうような部位が出てきます。それを上手に使えないものか――そういった摸索から出来た食べ物だと聞いていますが」
 へー。いいお話。要するに静岡人の無駄を出さない精神が生み出した食べ物だったわけですね。黒はんぺんは、まさに静岡人のグッドソウルが生み出した名産だったのだ。ちなみに、黒はんぺんのフライも食べたけど、こっちはオヤツっぽくて美味しい。機会があれば、フライもぜひどうぞ。

ソウルフー度 ★★★★★

posted by okataco at 08:28 | TrackBack(0) | 昔の原稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

バイオエタノール騒動。バカらしい(´・ω・`)


もろこし.jpg日本ハムがハムなど平均10%値上げ、バイオエタノール需要で家畜飼料が高騰


最近こういうニュースをよく見るけど、一連のバイオエタノール騒動って、何だかバカらしい雰囲気だすなー。

このようにトウモロコシの値段がグーンって上がって肉の値段が上がったり、トウモロコシが高く売れるからって、今まで大豆作ってた農家が鞍替えしたりして、豆腐が値上がりして大変だよ〜。なんて話が続出してるんだすなー。

つーか、そもそも、人間が食べるものと、クルマを動かす燃料と、どっちが大事だと思っているんでしょうかね。

そもそも温暖化をなんとかしなきゃってときに、そんな小手先テクニックで作った燃料を普及させるってよりも、普及しすぎたクルマをなんとかしようって発想は、どっからも出てこないのは何でだ?

「そりは、クルマが売れたら会社は儲かるし、宣伝費もバンバン遣うし、経済大国万々歳だからですヨ」ってことなんでしょうけどね。地球規模のことを考えるなら、この根っこから変えていかんとしょうがないでしょ。

東京に住んでて思うですけど、クルマって明らかに過剰にありますよね。こんなに必要かなー。とくに都市部。こんなに要らないでしょ。最近、クルマをシェアする運動とか始まったみたいだけど、このクルマを減らす方向の運動をやったほうがいいと思うですけどね。

あと、交通事故で毎年すごい数の人が死ぬわけでしょ。こっちの観点からもクルマは、減らす方向にしたほうがいいんでないかなー。前、飲み会で、タバコのパッケージに吸ったら体に悪いよというメッセージを印刷義務があるなら、クルマのボディにも「このクルマで人を殺す危険性があります」とか印刷すべきって誰かが言ってたけど、ふむ、そだなという気がしてきました。

とにかく、クルマの燃料よりも人間の燃料を大切にしたほうがいいとボクは思いましたよ。



posted by okataco at 09:26 | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

オフ会のお知らせ

7月の13日にオフ会なるものをやってみるんで、こっちでも告知。

詳しくは、こちらのブログを見てください。

ま、ブログに関する話を肴に美味しいご飯と美味しいお酒を飲みましょうって会なので、気軽に申し込んでくださいましー。ブロガーだけでなく、編集関係の人も大歓迎ですよー。



posted by okataco at 17:36 | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。