2009年04月21日

自民党と民主党は、何が違うのか?


2008091100008562-1.jpgつまるところ、自民党と民主党は、何が違うのか?

そんなことを「端的に言ってみて」と問われたら、みんな困っちゃうと思うわけですが、いい回答例が『東洋経済』に出てたので、メモがてらご紹介。

民主党は妙にあきらめの早い政党である。そもそもこの党に合流する過程で、ほとんどの議員は何かをあきらめてきている。自民党内での改革を断念したり、旧社会党の路線を放棄したり、少数政党での活動に限界を感じたり。何度も妥協してきた人たちなので、石にしがみついてでも我慢しようという気迫に欠ける。
<中略>
対する自民党は、あきらめの悪い人たちの集団である。何しろこれだけ問題が多いにもかかわらず、党内に残ってきたか、一度は離党しても戻ってきた人たちの集団だ。粘り強さは折り紙つきだ。
<中略>
今までの日本をあきらめて別の路線を摸索してみるか、それとももう少し粘ってみるか。来る総選挙における有権者の選択は、つまるところそこに尽きるのかもしれない。


ふむ。こんな感じで「つまるところ何なの?」があと10個くらい欲しい。そしたらもっと世の中見えやすくなるように思う。瑣末なことより大局を見据える視点が欲しいなぁと。そんな感じです。ほい。

posted by okataco at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

京都で桜見てきた


sakura.JPGたまたま帰省のタイミングで桜が咲いてたので、ちょっと京都で花見をしてきました。

とはいえ、「電車、見たい!」と騒ぐチビといっしょなので、電車と桜がセットの場所を探すことにしたんだけど、けっこうあるんですね、これが。いちばんのオススメは、京福電車の嵐電北野線・鳴滝駅〜宇多野駅間にある「桜のトンネル」。

これが実によいなー。この嵐電北野線ってのは、実家の近所の北野白梅町とか妙心寺あたりを、風情ある路面電車がコトコト走ってるんですが、別に嵐山に普段から行く用事もないし、「路面電車は遅いだろ〜」って思ってたから、生まれてこのかたほとんど乗った記憶がない。というか、たぶん乗ったことがなかったんだと思う。すげー勿体ねー。これ、近所に行ったら絶対乗ったほうがいいですわ。すごくキレイ。桜もそうだけど、電車もいいし、景色もいいし、京都の宝だな。京福電車。

んで、その京福電車に乗って嵐山に着いたので、ま、お約束ということでトロッコ電車に乗ってみることに。このトロッコ電車は、昔の山陰線が複線化されることで、それまで使ってた線路が余ったので、そこに観光用の電車を走らせたわけですね。僕は、小さなときから、単線時代の山陰線に釣りとかで、しょっちゅう乗ってたもんで、特に乗る気を刺激されず今まで乗ってなかったんですが、けっこういいな〜。ノンビリできるし、景色もやっぱりいいし、チビは喜ぶしで、なかなか牧歌的な観光になりました。あと、トロッコ亀岡駅からJR馬堀駅まで歩く間にすごくキレイな菜の花畑があった。あんなの初めて見たな〜。これから行く人いたら要チェキですよ!

あと、鴨川あたりも散歩したけど、キレイね。京都の桜は、しだれ桜とか、いろんな桜があるのがやっぱ値打ちだなーと思いました。あと、東京は桜一本に対する人口が多すぎるヨってのも感じましたよ。おわり。
posted by okataco at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。