2009年10月27日

2歳児に歯磨きさせる方法


doronpato.JPGチビが昨日で2歳と11カ月になりました。もう2歳じゃなくなるのかよぉ。
寂しいです(笑)

はてさて、そんなチビですが、最近、歯磨きが大嫌いで「イヤイヤイヤ」言ってて、奥さんも困っててね。どうすれば磨くのか――ちょっと考えて、さっき風呂場で実践したらうまくいったので、同じ悩みを抱えている人への応援歌もかねて紹介しておきます。

風呂場に歯ブラシ2本(僕のとチビの)を持って入る。んで、チビを先に洗って湯船に入れる。そして、湯船でチビがオモチャで遊んでいるときに、こう言います。

「さ、相撲しよ!」

んで、僕の歯ブラシと、チビの歯ブラシで、相撲をさせます。ま、相撲といっても、両手にそれぞれもって「ハッケヨーイ」とか「エイ!」とか「ヤ!」とか言って闘っている雰囲気を出せばいい。

んで、「あー、負けた〜」と言って僕の歯ブラシが負けるフリをする。んで、「よっしゃ!」と言いながら、歯ブラシで歯をゴシゴシ磨く。「こうやって磨くと強くなるんだよな〜」とか、ぶつくさ言いながら磨いて、また「ハッケヨーイ」ってやると、今度は僕の歯ブラシが、強くなってるんですが、あと一歩のところで負ける。んで、また磨く。んで、次は僕の歯ブラシが勝つ。

おわかりかと思いますが、「歯を磨く」=「歯ブラシが強くなる」という設定にして、遊ぶんです。ポイントは、「いっしょに遊ぼう」と誘わないこと。勝手に僕が遊んでいるだけです。

でも、2歳児は、絶対にこういう誘惑には乗ってきます。誘ってもやらないってことは多々ありますが、隣で楽しそうにしていることには、絶対に参加してくるので、最初は誘わなくてOK。んで、「僕もやりたい!」って言ったらこっちのもの。チビにも歯ブラシを渡して相撲をするわけですが(単にゴチャゴチャやってるだけですけど)、ま、こっちはオトナだから勝ちますよね。そしたら「歯を磨くと強くなるよ」と言うと、アーンして磨きます。というか、さっきは磨きました。また、相撲をして負けると、ちゃんと磨いて欲しいのか、僕に歯ブラシ渡して磨いてもらってました。シメシメシメ。

ま、こんなことでうちは、うまくいきました。ま、今日だけしか通用しない技かもしれませんけど、なんとなく歯を磨くということに、別の意味(この場合は歯ブラシが強くなる)を持たせてあげると、いいように思いますよ。おしまい。

※2歳11カ月児の生態ですが、もう完全に幼児です。普通にボール蹴ったり、お話したり、ご飯食べたり、寂しがったり、喜んだり、絵を描いたりなんでもできます。いろんなことを下手ながらも「やりたい」と言うので、できるだけいろいろやらせているところです。遊びのバリエーションが増えたので、遊ぶこっちも別の楽しみができた感じですね。

※最近よく言う言葉「見てるね」。絵を描いたり、積み木をするとき「見てるね」って言います。本当は「見ててね」だね。「見てるねじゃなくて見ててねだよ」って言っても、「見てるね」って言ってます。

※写真は、全然関係ないけど、こないだFC東京の試合を見に、初めて味の素スタジアムに連れていったときのもの。FC東京のマスコット・ドロンパに遊んでもらった写真なのでした。ドロンパが大好きで、また行きたい!と言ってました。メデタシメデタシ。
posted by okataco at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | チビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

「読書のすすめ」訪問記


dokusume1.JPGさて、こないだ『赤ちゃんを爆笑させる方法』を、「読書のすすめ」というお店のサイトで紹介してもらったって話をちらっと書きました。「親父の子育てここにあり!」ってタイトルで、ちょっと引用させてもらうとこんな説明も書いていただいて。
世のお父さん達へ、「あなたは子育ては何にもしてくれない!」と一度は奥さんに言われたことはあるのではないでしょうか?母には母の役割、父には父の役割があります。ただ、自分は何ができるんだろう?と考えれば考えるほど、あたふたしてしまう現実。父親としてこうありたい!優しい父、厳しい父、威厳のある父、色んな父親の顔があるはずです。そこで新提案!「面白い父」です。だた、面白いだけでなく子どもを爆笑≠ウれる父親です!!これからの時代はこんな父親が子育てに役立ってきます。子どもの笑顔って、何よりの原動力なります!仕事で疲れた心も、子どもの笑顔で吹っ飛んでしまいます!家庭に笑顔が溢れていたら、益々仕事にも身が入りますしね!

うーん。嬉しい! で、嬉しかったので、御礼兼ねてお店に行ってみることにしたんです。それでせっかく行くならポップをもっていってよかったら飾ってもらおうと画策。トシさんに「ねえ。ポップ描いて!」とお願いしたら快く送ってもらったので、それをもって行ってきました。場所は、都営新宿線の篠崎の駅から歩いて5分くらいですかね。わかりやすいから、地図を見ればすぐ着きます。

さて、お店ですが、「店長さんが気に入った本を並べている」「来店されたお客さんに話しかけて、特別な一冊をオススメすることもある」こんな特徴のお店は、アットホームな「街の本屋さん」って感じですね。雑誌もありますが、やはり目に付くのは店長さんオススメ本の平台。ここはもちろん巷のベストセラーではなく、「読書のすすめ」セレクトのとても個性的な本がずらり。

で、一通り見ていくと、「食」とか「育児」とか「歴史」とか「社会の仕組み」とか「絵本」なんかが充実してて僕とフィーリングがあって楽しい。こういう店長セレクトの書店って、なんとなく「読書の鉄人」って感じの人が選んだツウ好みの本が並んでいる感じがしてましたが、ここはちょっと違いますね。

いい意味で、普通の本が好きな人が「僕が関心のある本。好きな本を集めたよ。面白いからぜひ読んで!」って雰囲気。


dokusume2.JPGで、思ったよりも多くない平積みのひとつが、『赤ちゃんを爆笑させる方法』なのでした。育児コーナーのいいところにドーンと。嬉しいですね。

残念ながら、朝早く伺ったので店長さんは配達でご不在でしたが、お店の方にポップを渡したら「あら!直筆!」と喜んでもらって、お願いして写真も撮らせてもらいました。ありがとうございました!

というわけで、今どき珍しい店主が売りたい本を売るお店の「読書のすすめ」。これからこういったお店が増えてくれるといいなーと思わせてくれる場所は、今度の日曜日の『エチカの鏡』で紹介されるみたいです。おしまい。

※全国の書店さんで、『赤ちゃんを爆笑させる方法』の直筆ポップが欲しいという方いらっしゃっいますでしょうか。まだトシさんに描いてもらったのが若干枚残っているのでメールくだされば、送るかお持ちするかしますのでご連絡くださいませ メールはokataco★yahoo.co.jp (★を@に)です。
posted by okataco at 22:42| Comment(0) | TrackBack(1) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

秋のそういえば


imohori.JPG秋のそういえばがたまってきたので、ご報告。

えーと『赤ちゃんを爆笑させる方法』ですが、いろんな方に読んでもらってありがとうございます。で、そんななか、「読書のすすめ」というサイトで紹介してもらったんです。この「読書のすすめ」というのは、同名の書店でもあって、これは都営新宿線の篠崎駅にあるんですね。恥ずかしながら初めて知りましたが、店長の清水克衛さんは、「本のソムリエ」として、『エチカの鏡』でも紹介された方のようで。うーむ、ありがとうございます! 今度、御礼がてら見学に行きたいと思います。

そういや、最近、FC東京の話題をさっぱりしてなかったけど、相変わらず頑張って観戦してます。11月3日には、ナビスコの決勝で国立に行く。今から指折り数えて待ってるくらい楽しみ。思い起こせば、FC東京が前回決勝に行ったとき、テレビの前で大感激したのが、今の熱の原点のように思う。その熱を自分で感じに行くのだ。そうなのだ!

そういや、随分前のことですが「編集者.jp」というサイトで取材してもらったのでした。担当の方、ご苦労さまでした。

そういや、こないだチビと二人で平日の昼間に児童館主催の「芋ほり大会」に行ってきたのだ。当然、ママさんだらけの芋ほり大会だったけど、けっこう大丈夫。ママだらけの場所にも行けるくらい逞しくなったのだ。

そういや、チビが「魚の目を食べたい!」と駄々をこねる。WHY? たしかに魚の目は美味しいけどね。

そういや、昨日、馬事公苑前の広場でやってた「食育フェア」に行った。いろんなブースがあるんですが、そんななか「かつおぶし 2分間 削り放題 100円!」ってのをやっていた。これは素晴らしいアイデアだと思う。削り放題って(笑)。さっそく削って家でご飯にかけたらすごく美味かった。かつおぶし、家で削るか!と思わせるナイスアイデア。各所でやるといいと思ったっすよ。おわり。
posted by okataco at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

カフェ好き


kafe.JPG最近、カフェ好きなんスよ。

昔はなんか気取っている感じと、中年男子が入りにくそうな雰囲気で敬遠してたけど、今や大好きです!と公言しております。

ご飯はきちんと考えてあるし、ドリンク豊富だし、お酒もいいのがあるし、のんびりできるし実にいいな〜。だいたい禁煙なのもいいな〜。

あと、1人で行くのも「それがフツー」って感じなので、仕事で原稿を読んだりするのにも使える。最近、なんとなく「パソコンの前から離れて仕事をしたい」と思ってるんす。肩も凝るしね。あとパソコンの前にずっといると、たいしたことしてなくても仕事した気だけがする症候群にかかるよね。だから原稿なんかも粗く書いたらプリントアウトしてとっととカフェに移動。そうすると、けっこう集中して仕事できたりする。最近のプチ発見だったりします。

そんなカフェは、チビともよく行きます。子供お断りってところもいくつかあるけど、お店によっては大歓迎してくれる。イチオシは、駒沢大学駅近くの「SMILE」。イタリアンカフェですが、空間と店員さんもすごくいいけど、ご飯が抜群に美味しい。サラダもパスタもドルチェもみんな美味しくて安い。オススメ。あと三茶なら夜カフェ「KAYA」がいいね。三茶近辺、カフェがどんどん充実してきて楽しいのでした。
posted by okataco at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ飲み屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。