2011年10月31日

やっと我が家にテレビがきた

そういや、我が家にやっとテレビが来ましたよ。

もう地デジになったのは、どれほど昔のことだろう?というくらい、テレビがない暮らしをしてきたのですが、これはこれでヨカッタ。
なんか、テレビを点けるという習慣めいたものが、子供だけでなく、僕の体からもすっかり抜け落ちた感じ。食事時なんかはもちろんですが、ふと「疲れたな」ってときに、ついテレビを点けたりしてたけど、そういうモードにもならない感じ。テレビも3カ月とか見ない生活をすると、体がちょっと変わる感じがしました。

とはいえ、見たいものもあるわけで。サッカーはもちろんですが、もうすぐ「坂の上の雲」も始まるし、歴史や食、地震関係でも見たいものはある。あと、子供も見たいので、それらはすべて録画して、決まった時間に見るルールを作ったのでした。
ちなみに、買ったのは「MITSUBISHI HDD内蔵ブルーレイディスクレコーダー搭載26型液晶テレビ LCD-26BHR500」という長い名前のテレビですが、コンパクトでありながら、欲しい機能が詰まっていて、満足してます。安いしね!これで6万円台。時流に乗らず、ブームが過ぎ去った今に買ったゆえのことでしょうか。

んで、今回、テレビを買うに踏み切った理由が、実はもう、数時間後のことですが、ぬか漬け普及活動をしている奥さんが、テレビに出るからなのでした。
10月31日、午前11時5分からの「こんにちは いっと6けん」
スタジオに出演しての実演なんですが、数カ月前からたびたび我が家などに来ていろいろ取材もされていかれましたので、ちょっと楽しみにしています。
ぬか漬け興味のある方もぜひどうぞ。


posted by okataco at 09:42 | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

エビカニエクスの運動会

運動会.jpg今日は、チビの幼稚園で運動会があった。
その運動会は、なんと9時スタートの12時終わりで、そんなのすぐに終わっちゃうんじゃないの?と思っていたんだけれど、実際に子どもたちを見ていると、けっこう満腹満腹でしたね。
まだ4歳とか5歳だから、3時間じっと座っているだけでも、けっこう疲れるし、もう後半には「おなかへったー」とか、そんな子たちもいて、ちょうどいいね3時間の運動会って感じでした。
今回、初めて親の立場で運動会を見たけど、いいもんですね。僕が知らないところで子どもが成長している! これが、もう最大のコンテンツ要因ですね。そこにグッとくるんだなーと。ま、でも僕なんか、かなりお迎えに行ったりいっしょに遊んだりしてて、けっこう子どもを見ているほうだとは思うけど。
今回も事前にプログラムを見て「エビカニクス」って書いてあったもんだから、「これ何?」って聞いて「体操!」って言うもんだから、ネットで検索して、二人で家で練習してから行ったから、僕も踊れて楽しかったw これからもネットで予習してから行くこととしよう。

写真は、最後に先生からメダルを貰って喜ぶの図です。先生がひとりひとりの頑張ったポイントを話してからメダルをくれるのが、いいんですよ。その一言が子どもたちの心に残る気がする。先生、お疲れさまでした!

子どもが「エビカニクス」を踊る人もいるだろうから、ここに動画貼っておきます。みんな予習して行こう!




posted by okataco at 00:19 | TrackBack(0) | チビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

世田谷の放射能

昨日、世田谷で最高2.7シーベルトという高い放射線量が検出されたというニュース。
現場がうちから近いこともあって注視してましたが、さきほど世田谷区の会見で、どうも一軒家の軒下にある瓶が発生源で、原発由来の放射能ではないという可能性が高まったとか。

それは安堵反面、なんだそれ?という困惑反面で、まだなんともいえない感じですが、ひとつだけ感じたのは、世田谷区の広報姿勢のよさ。

今回、こういう報道があっても、その事実を刻々と発表する姿勢がよかった。
もともと、市民からの報告なので、その線量計の精度が問題とかいろいろ見ないふりをすることもできたかもしれない。でも、こうやってしっかり発表して、できることから対応する。
そういう姿勢を見せてくれたことが、住人としては少なからず安堵につながりました。

区長の保坂展人さんが、ツイッターとブログで、その詳細を逐一報告してくださるのも、心強かったです。保坂さんは、もともと僕が昔仕事をしていた別冊宝島とも近いところで執筆活動をされていたジャーナリスト。そういった縁もあって、保坂さんの発言はよく見ていたのですが、今回の騒動でも、一番のニュース源となりました。これからも発言、続けてください。期待しています。

*世田谷区の区長/保坂さんのブログは以下です。
「保坂展人のどこどこ日記」





posted by okataco at 21:33 | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

オーセンティックバー

バー.JPG数年前から「趣味は何?」と聞かれたら「FC東京とオーセンティックバー」と答えているので、ちょっとバーについて書いてみようかと思ってみた、深夜1時です。

遡れば、7、8年くらい前に、雑誌の仕事をよくやっていて、その関係で帰りも遅く、なんだかんだとよく飲んでいた。そんなとき、ある店で飲んだアイリッシュコーヒーというカクテルにしてやられたのです。
「それはどういうカクテルですか?」と尋ねると、
「熱くて冷たくて苦くて甘いです」と、バーテンダーさんが答える。

なんじゃそりゃ。一休さんかよと思ったら、ホントにその表現のまんまのカクテルでした。実に旨いと感動したのは、渋谷にあるアドニスという店だったのですが、その後、地元の三茶でふらっと入ったバーでも、まったく同じ、いやそのときよりも美味しいアイリッシュコーヒーを飲んで感動していたら、その店のバーテンダーさんが、アドニスの人と子弟関係にあることがわかって、それから通っているのがその当時は出来たばかりだったけれど、今では三茶を代表する名バーとなった「シーツ」というお店なのです。
僕は、このシーツにいる小豆畑さんという、僕より若いバーテンダーさんに弟子入りするつもりで、それから足しげくここに通いお酒のことをいろいろ学んだわけですが、そのうちに、いろんなバーが見たくなって、それで方々行くようになって、ま、趣味というか、バー、とくに本格的なバーとされる「オーセンティックバー」の世界がとても好きになったのですが、以下に、僕が好きだなーと思うポイントをつらつら書いてみよう。

★「何もしないが」出来る場所
僕は、バーに何をしに行っているかといえば、何もしないことをしに行っている。今、スマートフォンとか手にするようになって、加速度的に何もしない時間がなくなっている。けれど、バーにいけば、ぼんやりできる。だから僕はぼんやりできるバーが好き。雨の日のバーも好き。だからバーでケータイをずっと見ている人には、ちょっと心の中で「なにもしない楽しいんだよ」と言っていたりします。

★美味しいということに理屈がある。
カクテルというのは、実に理詰めのものなんですよね。シェイカーにせよ、ステアグラスにせよ、その中に入れる氷の大きさとか数なんかによっても味が変わる。すごく緻密で精緻なもの。おそらくというか確実に、世界の中で、日本のカクテルが一番美味しいと思う。それは、この緻密な作業が実に日本向きだからなんですね。それでパッと見た感じでは「それは何のための作業なんだろう?」というバーテンダーの所作を、ぼんやりと見るのが楽しい。マティーニなんかには、レモンピールといってレモンの皮をグラスに吹きかけて香りを付けるんですが、これなんかも最初は「何をしてるんだ?まじないですか?」って感じに思ったものだ。でも、聞いていくとすべてに意味がある。そこがいい。ちなみにシングルモルトの味も理屈があって物語がある。そこがいい。

★店が常に変化する
僕は、チェーンの店が嫌いですが、それは「いつも同じ」だから。昔、それこそ学生とか、会社に入りたての若い頃は「いつも同じ」が好きだった。それは安心するから。いつも同じは楽だ。でも、それが30過ぎてから急激につまらなくなり、そんなときにバーに出会った。バーは、だいたい出すものはどこもそれほど変わらない。でも、味は全然違うし、店の雰囲気も全然違う。バーテンダーの人格が出るし、その人格を慕ってくる客によっても店は変わる。極端にいえば、その時間によっても違うし、そのとき居合わせた客によっても変わる。こういうところが「生き物」らしくって刺激的。それがバーの良さ。そしてこれは、同時に、若い人にとって入りにくいと感じるところだと思う。でもバーは、入りにくいものであっていい。どきどきしながら入って、少しずつ学んで少しずつ馴染むことが人を育てるんだと思う。バーってそんな存在であって欲しいと思っている。

ふー。疲れたので、まだまだあるけどとりあえずこのへんで。気が向いたらまた続きを書きます。

*写真は、アイリッシュコーヒーを作っているところです。

posted by okataco at 01:25 | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

世田谷線つまみぐいウォーク

つまみぐい.jpg最近、子どもたちの話を書いてなかったけれど、二人とも元気に大きくなっています。

今月の頭、1日には、上のチビと「世田谷線つまみぐいウォーク」というのに出た。
これは三軒茶屋と下高井戸を結ぶ世田谷線沿線のいろんな商店が「つまみぐい」の品を無料提供してくれて、これを食べながらそぞろ歩くというイベント。

三軒茶屋から下高井戸は、電車の運行距離にして5キロ。だから沿線を歩くとなるとたぶん8キロくらいなんですよね。これなら、チビも歩けるんじゃないかと思って、親子でエントリーして参加してきました。

で、このイベントすごく楽しくってですね。「つまみぐい」といっても、デパートの試食みたいなレベルを超えるものも多く、ソフトクリームとかコロッケとか羊羹とか、実に豪華。ただ、1700人とか参加してて、人気の店はわりとすぐに完売してしまうんですけどね。ま、そういった点はあるけれど、参加費は無料だし、天気もいいし、みんなが歩いているので「僕も歩こう!」って気になるしで、とてもよかった。
チビも、途中休憩したり、家に帰ったり、励ましたりした結果、無事、三軒茶屋から下高井戸までを歩ききりました! すごいねー。見た感じ4歳で歩ききったってのは、わりと最年少クラスだと思うので、褒めてあげました。けっこう嬉しかったみたいで、次の日も幼稚園で自慢してたみたい^^ 

このイベントいいですよ。小さい子連れの方、来年もあると思うので参加してみてはいかがでしょうか。
世田谷線界隈は、これからイベント目白押し。毎年楽しみの「三軒茶屋de大道芸」は、15日と16日。ゴーカイジャーのショーがあるってだけでチビが楽しみにしてる世田谷の祭りは29日と30日。農大の文化祭もあるし、来週はチビの幼稚園の運動会もあるしな!

イベント盛りだくさんの秋は、それなりに楽しいのでした。

*そうそう下の子は、1歳1ヶ月で、まさにもう立ち上がる寸前。顔もはっきりしてきて、バイバイがうまくなりました。コンニチハもできるですよ。


posted by okataco at 11:05 | TrackBack(0) | チビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

できないことが多すぎる。

今日は、本の発売日だったので、著者さんといっしょに書店巡りをしてきた。
その著者にとって、初めての本だから、少し緊張、でもとても嬉しいといった感じで見てまわって、なんだかとてもいい気分になりました。
本が出るって、やっぱ嬉しいもんですね。

で、その本というのが、ゆーなぎじゅんさんの『できないことが多すぎる。』というのでして。もともと、ゆーなぎさんと4年ほど前に、ブログ関係の会合で会って、絵を描いているというから見せてもらったところ、基礎がしっかりしたかわいい絵で、いいなーと思ったんです。

それで、とにかく描きたいという熱意もあるので、「じゃ、ギャラは出ないけど、僕も真剣に見て意見しますから、うちのサイトで連載しますか?」といって始まったのが、「スゴブロ」で不定期にアップしていた「なぜ私はできないんだろう?」という連載でした。

ゆーなぎさんという人は、決して何でもできるというタイプではない。ベタですが、道にも迷いまくるし、自己表現もうまくはない。でも、そういった問題点に対して、すごくポジティブに向かっている気質をもった人で。なんというか、空回りする部分も多いのだけれど、それを見ている人が全然イヤな感じがせず、むしろ応援したくなるというキャラクターなんです。

だから、「できない」ことをテーマにして、そこから逃げず向き合ってみた漫画を描いてみてくださいよ、といって始めた連載なのでした。

ゆーなぎさんは、この連載からも逃げず、遅筆ながらコツコツ描いていて、それが「かんき出版」の編集さんの目にとまって、このたびめでたく出版と相成ったわけです。

「できないことが多い」と思っている人、けっこういるんじゃないかな。でも、ゆーなぎさんが「できない」ことに対して、すごく前向きに挑んでいる姿は、きっとそんな人を、すこし元気にしてくれると思うのです。
かわいく見やすいタッチで描かれたコミックエッセイですので、ぜひ書店で見かけた際には、手にとってみてください。よろしくお願いします。

*この本が出たのを機に、「書籍プロデューサー」という肩書きでも、仕事をしていくことにしました。今までも、外部的な立ち位置で自分でない著者の本を作ったりすることもあったのですが、明確な基準を作ろうかと。
著者ありきで、そこからいっしょにクリエイティブ作業をしながら、最終的に本の形に落とし込む仕事はプロデュース業。名刺にもしっかり肩書きをひとつ増やしておくことにしました。プロデュースの仕事にも、これから積極的にかかわっていこうと思っています。



posted by okataco at 23:49 | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。