2013年09月12日

橋本武先生と『銀の匙』

橋本武先生が、亡くなった。

全国有数の進学校として知られる神戸市の灘中学・高校で、1冊の小説を3年間かけて読み解くユニークな授業を長年にわたって実践し、「伝説の国語教師」と呼ばれた橋本武さんが11日、神戸市内の病院で亡くなりました。101歳でした。
橋本さんは、明治45年に京都府で生まれ、昭和9年から50年間にわたって全国有数の進学校として知られる神戸市東灘区の灘中学・高校で国語の教師を務め、「伝説の国語教師」と呼ばれました。小説「銀の匙」を3年間かけてじっくり読み解くユニークな指導法を取り入れたことで知られ、作家の遠藤周作さんをはじめ、多くの著名人を教えました。
関係者によりますと、橋本さんは神戸市東灘区の自宅で1人で暮らしていましたが、先月、暑さで体調を崩して市内の病院に入院し、11日午後6時すぎに亡くなったということです。


一昨年、先生が99歳のときに雑誌の取材でお会いして、その後、『灘校・伝説の国語教師』という本をお手伝いさせてもらった縁で、何度かお会いすることができた。神戸のご自宅にもお邪魔させていただき、撮影で灘校にもいっしょに行かせていただいた。

先生は、まだ無名だった私立の灘校で『銀の匙』という薄い文庫本を3年間かけて読むという授業を行った。凧揚げの描写が出てくれば、みんなで凧を揚げて、駄菓子の描写があれば、みんなで駄菓子を食べた。干支の記述が出てくれば十干十二支の話を詳しく説明して、「行灯」という単語がでてくれば「呉音」「漢音」「唐音」という音読みの歴史をさかのぼる。こういった「脱線授業」は、生徒たちの国語への関心を高めて、灘は全国屈指の進学校へと変貌していく――。これが橋本先生の「伝説の授業」の概要だけど、こういった話が全国的に知られるようになったのは、先生がもう90歳を過ぎた頃のこと。99歳のとき、こうやって取材に来てもらって私の話が本になったりしているのは、嬉しいご褒美だ。長生きしていて本当によかった。120歳の大還暦のパーティには真っ赤なスーツに真っ白なコサージュを着けて出たいとおっしゃっていたのが印象深い。

偉大な先生がご存命中に、少しでもお会いすることができて光栄でした。「遊ぶように学ぶ」という先生の哲学、少しでも広めていきたいと思っています。ゆっくりお休みください。ありがとうございました。



posted by okataco at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

駒沢サッカーフェスティバル

駒沢フェス.JPG久しぶりに子どもの話を。
小学生になった長男が、サッカークラブに入ったんですが、これが思いのほか楽しい。土日の朝8時〜という練習日程で、1年は親の同伴が必須なのですが、これ昔だったら「土日くらいゆっくり寝たい」と思っただろうナ。でも楽しいのです。なんだろうな。上手くなっていったり、友達と仲良くなっていくのを側から見ている楽しさなのかな。そんな子どもサッカーなのですが、今日、駒沢公園でサッカーフェスティバルというイベントがあったので、意気込んで付き添ってきました。駒沢公園のJリーグの試合もあるピッチで、たくさんの地域チームが参加。1年生も5人制サッカーで2試合に挑んできました。試合は、1分け1敗だったけど、なかなかみんな頑張ってて楽しかった。息子はキーパーをやったときに敵のシュートを止めまくって、いい顔だったな。今後、権田のユニフォームを買ってあげよう^^

下の娘は、つい先日3歳の誕生日でした。女の子らしい世話好きとかおしゃべり好きな感じがどんどん発達してきてこちらも面白いな。そんな子どもを見ていると、2020年の東京オリンピック決定は、なにかしら体験させてあげたいという気持ちで前向きに思えるのでした。はい。
posted by okataco at 00:02 | TrackBack(0) | チビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。