2008年05月09日

昼酒会〜大井町編〜


大井町.JPGこないだ昼酒会で、大井町に行ってきたけど、なかなかここもカオス空間で、いい味だしてるわ。

駅そばの一角にある路地は、新宿のしょんべん横丁風ですかね。軒を連ねるといった風合いで、50軒ほど。そう、思ったより多くない。んで、2時に入った焼き鳥屋で、あまり飲み食いしては先が続かないと1時間ほどで「出ましょう」と出たはいいけど、意外と開くのは軒並み遅くて、だいたい5時オープンがデフォルト。んで、しょうがないから、今にもつぶれそうな蕎麦屋に入ったんだけど、ここが渋いとかそういうレベルを超えてた。椅子も机も店のばあちゃんも骨董品屋のレベルで、お品書きに「酒 1級450円/2級400円」と書いてあったから「お酒…1級ください」といったら「ウチは2級しかないよ」と、おばあちゃん。そうですか……。んで、ヌル燗にしてもらったんですが、そしたらばあちゃんが、蕎麦を茹でる大鍋に蕎麦用のザルに日本酒のビンを入れて「ドボーン」って入れて燗づけしてた(笑)。こんな味のある燗づけ風景はもう二度と見られないだろうなぁ。これで一気にファンになったわw

んで、そうやって燗づけされた2級酒は、とっても心地よくてね。5本も6本も飲んでたら、いくらでも飲めるような気がしてたけど、こんなノーマークの蕎麦屋で酩酊しててもしょうがないと、「肉のまえかわ」なる店に移動。

ここは、けっこう有名な肉屋の店内&軒先で立ち飲みができる店。ビールは、店の奥の冷蔵庫に山盛り入ってて、そこから勝手に取り出して清算方式。つまみは、肉屋が作るコロッケ(65円)とかメンチカツ。あと焼き鳥ね。味をとやかく言ったら、最近流行りの本格炭火で焼いちゃうよ立ち飲み系のほうがいいかもしれんけど、安いのと雰囲気がいいですなぁ。昼酒が街に馴染んでる感じがいいねぇ。

んで、この日は、安い燗酒がじわじわ効いてきて、立って飲むのが辛くなってきたから、本命の鰻の立ち飲みは次回に持ち越しにして、蒲田で飲んで散会! 5時間も飲み続けたけど、帰るのは夜の7時というのが、なんか魔法にかかったように時間を得した気分になるのが、昼酒の良さですね。

また行こ。今度は、立石遠征っすかなー。もしくは神田界隈の洋食屋でも巡ろうかな。

※写真は蕎麦屋で出してくれたお酒。このまま蕎麦鍋に放り込んで燗付けしてくれます

※ちなみに前回の模様はこんな感じでしたよ。

posted by okataco at 16:33 | TrackBack(0) | 昼酒会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

昼酒会

これから推進していこうと思うのが「昼酒」であります。

こう書くとなんだか「人でなし」のようですが、この昼に酒を飲むことに対するネガティブイメージを覆していこうではないかと、強く思っているのであります。ドンドン。

まず、昼に飲むとですよ。夜はちゃんと家に帰れるわけです。そうすると、チビといっしょにお風呂に入れるからね。これはとてもいいことですね。当然、飲み終わっても電車は動いているから経済的だしね。

あと、昼に飲んで帰ると、意外と夜には頭が冴えてね。原稿とかビシビシ書けたりするんですよ。「なんか集中力ないなぁ」と思いながら昼に仕事を続けるよりも、いっそ昼から酒飲んで早く家に帰って風呂入ったほうが効率よかったりするからね。これもいいね。

あとは、昼からやっている飲み屋を探すという、新たなる楽しみもできて、これはとても有意義。これは、いつかまとめて本にしようという壮大な計画なんであります。

ま、要するに「自堕落」としてでなく「時間を有効に且つ新たなる楽しみの発見」という観点からの昼酒を推奨していこうと、このように思っているわけですな。

つーわけで、先週は、昼酒会の蒲田支部長である上野さんと昼の2時に待ち合わせて、会の活動を実施。んで、一軒目は、昼酒の定番スポットである蕎麦屋に向かったんですが、これがいい店でした。なにが良いって、店頭の幟に掲げられた謳い文句がいいですよ。

昼酒1.JPG
「昼から飲めます」
「昼から飲もう」

これですからね(笑)。さすが蒲田です。ま、でも2時に入っても飲んでいたのは誰もおらず、結局、僕たち2人だけがこの店の崇高な理念を体現することになったんですけどね。ま、ここでは、ビールを軽く飲んであとは蕎麦焼酎を飲んで切り上げることに。昼酒は、あまり長居をしないのが肝要なのであります。

ま、つっても4時まで飲んだから2時間は飲んでいたんですけどね。んで、軽く蒲田の街を歩いたあとは、4時から開いている「鳥万」なるお店へ。

昼酒2.JPG
んで、ここが素晴らしいんですわ。支部長が推薦するだけあって、居酒屋の大切なファクターを幾重にも押さえておる店ですね。

あの東海林さだお大先生は、門前仲町にある「魚三」という居酒屋を理想の居酒屋として、そのファクターをこのように挙げておられた。

理想の居酒屋とは、まず値段がむちゃくちゃ安いこと。それから壁にはられたメニューがむちゃくちゃ多いこと。まずこの二つを満たしていれば、あとはもうどうでもいいようなものだ。


これだけだった。わざわざ本を引っ張り出して書き写したのだが、意外とこんなもんだったか。でも、まあいい。そうこの東海林先生が書いている要素をこの鳥万は押さえていたのだ。

まず、値段が安い! どれも300円くらいで、よくわからないメニューも気軽に頼める。あと、壁にはられたメニューが多いというファクターも、まさにズバリ! 写真を見てもらえればわかるが、壁はメニューだらけで目移り目移り。

昼酒3.JPGんで、どれも旨いっすよ。いや、そんなdancyuさんとかが行く旨さじゃないですけどね。でも、旨い。ごぼうの天ぷらといったオジサン好みも旨いけど、〆で食ったオムライスなんてのも旨かった。ふー。ここは、いいですわ。合格です。んで、7時には解散して、蒲田での会合は終了となったのでした。

てなわけで、この昼酒は、定期的に研究していこうと思うので、志を同じくする方がいれば、ぜひ挙手をお願いしたいと。ぜひ、各地でポジティブに昼から酒を飲もうとこう思うのでありました。とりあえずオシマイ。

※蒲田支部長へ。あの店で考えた居酒屋のメニューで野球のオーダーを組み立てるというのは、書き疲れたので、またそのうちアプします。どもども。
posted by okataco at 12:17| Comment(5) | TrackBack(0) | 昼酒会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。